ブログ

HOME > ブログ > 脳卒中 > 【御所南リハビリ日記】パーキンソン病で左手に震え 階段昇り降りで体にキレ

【御所南リハビリ日記】パーキンソン病で左手に震え 階段昇り降りで体にキレ

脳卒中

一日も早い回復を願って、毎日一生懸命にリハビリに取り組む患者さんの日常をご紹介する
「御所南リハビリ日記」のコーナー

今回はIさん70代(取材当時)・男性に伺いました。

 
▼動作大きく声はっきりと 階段昇り降りで体にキレ
パーキンソン病で2014年から左手に震えがあります。全身の筋肉も硬くなり動かしにくくなった気がしたので、御所南リハビリテーションクリニックにリハビリに通うようになりました。一回ごとの内容はかなりハードですが、おかげで動作はかなり楽になりました。
 
クリニックでは、理学療法士の勧めで、この病気の患者のためにアメリカで開発された「LSVT BIG®」というプログラムに取り組んでいます。パーキンソン病の特徴は、動作が鈍くなり声が出にくくなることなので、手足を大きく動かし、はっきり声を出すことを主眼としています。
 
「LSVT BIG®」には、床から天井、側方から側方に手を動かしたり、前後左右に足を踏み出したりと様々な動きがあります。いずれも「パッ」と言いながら両手を大きく開いたり、静止している間は大きな声で1から10まで数字を数えたりして頑張っています。私の趣味のゴルフに合わせて、タオルの一方を結んでクラブに見立ててスイングする動作も取り入れてもらっています。
 
クリニックの建物の階段を1階から4階4回まで一段飛ばしで昇って駆け足で降りたり、リハビリ室の中をジョギングしたり、バランスボールを頭上に差し上げて何週も歩いたりします。途中で休まないと息が切れてしまい、終わったら汗だくで以前は筋肉痛にもなりましたが最近は慣れてきました。
 
「LSVT BIG®」は週4日のメニューを4週間続けて効果を見ることになっていますが、動作が楽になってきた実感があります。車の運転をしていても、体が回りやすくなって左右確認など楽にできるようになりました。
 
▼左手震えて失意の日々も 飛距離回復し生活に張り
左手の震えに気づいたのは2014年夏でした。字が書きにくかったり、ゴルフの飛距離が落ちたりと、右手や他の部分にも影響があったように思います。
 
かかりつけ医に相談すると「老人性では」と言われ、しばらくそのままにしていました。年末になって「専門医を紹介するから」と連絡があり、病院で検査を受けたところパーキンソン病と分かりました。
 
薬を服用し震えの自覚症状は治まりましたが、病気になる以前の動きを取り戻したいと、2017年に入って、専門医の紹介で、御所南リハビリテーションクリニックに通うことにしました。
 
ゴルフは長年続けてきましたが、病気が分かったころは打とうとしても手が震えて、やめてしまおうかと思ったこともあります。飛距離が以前の6割ほどに落ちてしまいました。ただリハビリの結果8割程度まで回復し、今では仲間にも「飛ぶようになったね」などと言ってもらえるようになりました。これからもさらに伸ばしていきたいと思っています。
 
自宅でも座布団に座った状態から手を使わずに立ち上がるなど自主練習も行っています。少しでもサボると元に戻ってしまうので、自分にはっぱをかけるしかありません。クリニックでは「気が付いたことは書き留めるように」と言われ、それを見てスタッフらがアドバイスしてくれるので、役に立っています。
 
リハビリは家庭でできればいいのでしょうが、指導してくれる人がいる人がいるほうが安心です。今後もクリニックに通いながら、リハビリに励みたいと思っています。
 
▼リハビリテーション・プロフィール
Iさん(京都市西京区、70代) 半導体の部品メーカーで開発や品質保証に携わり5年間の米国勤務もこなした。54歳の時に退職。元々歴史に興味があり旅行に行ったり講演を聞いたり、関連の本を読んだりしている。中国の西安からイタリアのローマまで、シルクロードをたどる旅行にも出かけた。
 
日本の古代史も好きで、初代の神武天皇から奈良時代まで、天皇陵を訪ね歩いたこともある。四国八十八カ所の霊場巡りも面白かったという。
 
西国街道や高野街道、京街道など近隣の古道歩きも行っていた。病気の発症で「気乗りしなくなった」と中断している。動作が楽になってきたので、再開するのも目標の一つにしている。
 
趣味のゴルフは40年のキャリア。毎週以前の同僚ら10人ほどで府内のコースを回るが、リハビリを重ねて「ゴルフバッグを持つのも楽になりました」とうれしそうだ。
 
毎朝の習慣は妻と散歩すること。歩くスピードが上がり、姿勢もよくなったと妻も喜んでくれているという。
 
 
※患者様の話をもとに構成しました。

関連記事

2017年05月01日
【御所南リハビリ日記】脳梗塞の後遺症 友禅画工として再起図る
2017年09月01日
【御所南リハビリ日記】脳梗塞の後遺症 歩行改善へ下半身を強化
2016年02月29日
【御所南リハビリ日記】脳梗塞のリハビリテーション 右手の動きを一から訓練
2016年06月01日
【御所南リハビリ日記】声のひずみ目立たぬよう 脳梗塞の後遺症で右半分の麻痺
2017年01月04日
【御所南リハビリ日記】脳梗塞で左手に麻痺 周囲を励みに段々楽しく
2017年03月01日
【御所南リハビリ日記】以前の暮らしは取り戻す 脳梗塞の後遺症