高次脳機能障害

HOME > 疾患一覧 > 高次脳機能障害

高次脳機能障害と診断を受けている方

記憶障害
事故や病気前のことが思い出せなくなったり、新しい記憶を覚えることができなくなる障害
  • 何度も同じ質問を繰り返す
  • 新しい出来事や経験が覚えられない
  • モノの置き場所を忘れてしまう  など
遂行機能障害
物事を計画的に処理できなくなる障害
  • 順序立てて調理することができない
  • 人に指示されないと次の作業ができない(何もできない) など
注意障害
必要なものに意識を向けたり、集中することができなくなる障害
  • ぼんやりとミスをすることが多い
  • 気が散ってしまう
  • 2つ以上のことを同時に行うと混乱する
  • 長時間の作業ができない  など
社会的行動障害
社会的に許容されにくい行動を起こす障害
  • 物を盗んだり見知らぬ異性に触れたりという衝動を抑えられない(脱抑制)
  • ささいなことで怒りやすくなる(攻撃性)
  • 物があれば使わずにいれない、何でも相手の真似をする(被影響性の昴進)
  • 自分からなにもしなくなる(発動性の低下) など

以上のような症状により、日常生活または社会生活に制約があると、高次脳機能障害による症状の場合があります。
まずは専門医による適切な診察を受けましょう。

高次脳機能障害とは?

大別して認知障害と社会行動障害に分けられます。認知障害は失語、失行、失認に代表されるような言語、動作、知覚の障害に加えて、記憶や遂行機能障害(物事を計画的に処理できなくなる障害)、注意障害などを総括して言います。