脊椎・脊髄損傷

HOME > 疾患一覧 > 脊椎・脊髄損傷

脊椎・脊髄損傷を負ったことがある方

手足の痺れ
痺れを感じる
腰痛
腰が痛い
手足の運動障害・麻痺
手足が動かない、動かせない
上肢・下肢痛
上肢(肩口から先の手)や下肢(足)に痛みを生じる
上肢に疼痛やしびれ等
頸部痛・肩こり
首、肩まわりの痛みがる、こりがある
歩行障害
下肢の痛みとしびれ(歩くことができない、
もしくは長く歩くことができなくなる)

以上のような症状が見られた場合、脊椎・脊髄損傷による後遺症の場合があります。
まずは専門医による適切な診察を受けましょう。

脊椎・脊髄疾患とは?

脊椎/脊髄の図

脊椎とは一般的に背骨のことを言います。椎骨と呼ばれる骨が、椎間板というクッションを挟み、首からお尻まで繋がっています。
その中を脊髄と呼ばれる神経が通っています。
脊椎・脊髄疾患は、加齢により骨や椎間板等の変形が進み、神経を圧迫する事により痛みやしびれなどの疾患が発生します。