ブログ

HOME > ブログ > リハビリの知識 > リハビリテーションの語源を詳しく知ろう!

リハビリテーションの語源を詳しく知ろう!

リハビリの知識

こんにちは!御所南リハビリテーションクリニックです!

「リハビリテーション」という言葉はよく耳にするものの、その言葉自体についてしっかり説明できる人は少ないのではないでしょうか。
今回はそんな「リハビリテーション」の語源や概念についてご紹介します。

ba93861259e9bd490cc6730dde3d2746_s

 

◆リハビリテーションの直訳は「再び適合させる」

日本で使われる「リハビリテーション」は英語ですが、この「リハビリテーション」という単語はラテン語に由来しています。
英語のつづりは「rehabilitation」。そして「re」+「habilitate」の二つのパーツに分けられます。

〇re:「再び」
〇habilitate(habilitation):ラテン語の「habilis」に由来。「適した」という意味。

すなわち、リハビリテーションは直訳すると「再び適合させる」ということになります。

 

◆医療・介護の現場での「リハビリテーション」とは?

医療・介護の現場で使われる「リハビリテーション」において再び適合させる、という訳をふまえると、病気にかかる前の状態に戻すことを想定するのではないでしょうか。
しかし、実際にリハビリを行っても病気にかかる前の状態に戻せないこともあります。

医療の現場においてリハビリテーションを行う意義は、本来の状態に戻すことだけでなく、リハビリテーションを行わないことで筋肉が衰え、さらに障害が重くなることのないように予防する効果も加味されています。

また、生活上で支障をきたす事が多い言葉への障害、知性への障害、家屋と地域の環境への適応障害、家族関係などに取り組んでいく、いわば権利を回復すべく「復権」も含まれています。

そのため、病気にかかる前の状態に戻すことが難しい場合でも、リハビリテーションを行うことはとても重要であるとともに、患者様自身が納得できる範囲「復権」を目標としてリハビリテーション計画を練ることが大切です。

dafe9b195984f38a7e51642ea7b47f6c_s

 

◆「リハビリテーション」は、医療機関以外でも使われる

ほとんどの方が「リハビリテーション」と聞くと医療の現場で使用する、ケガや脳卒中で今までのように動かなくなった部位の動作トレーニングやマッサージなどを行うことを思い浮かべるでしょう。

しかし、本来の意味をふまえると、リハビリテーションには医療以外にも当てはまります。
例えば、「職業的リハビリテーション」や「教育的リハビリテーション」は、仕事をしばらく休んでいた人や違う業種へ就業を希望する人に対するリハビリテーションです。

海外においては、「リハビリ」というとそれぞれのシチュエーションに合わせて言葉を使用することもあるので、注意が必要です。

 

◆WHO(世界保健機構)における定義

先ほどのリハビリテーションが他の国では医療、介護の現場以外でも使用されるのには、1981年にWHOがリハビリテーションについて以下のように定義づけられたことも関連しています。

「能力障害あるいは社会的不利を起こす諸条件の悪影響を減少させ、障害者の社会統合を実現さすることをめざすあらゆる措置を含むものである。
リハビリテーションは障害者を訓練してその環境に適応させるだけでなく、障害者の直接的環境及び社会全体に介入して彼らの社会統合を容易にすることを目的とする。
そして、障害者自身、家族、彼らが住んでいる地域社会が、リハビリテーションに関係するサービスの計画や実行に関わり合わなければならない。」(引用ここまで)

医療・介護の現場においても、リハビリテーションは、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハビリテーションスタッフと患者だけではなく医師、介護士、ご家族、また周囲の理解や協力をなくしては十分な効果を得られないことが裏付けられています。
※ここ最近ではリハビリテーション、チームアプローチと言われ始めました。

8eaac0772663446a14f3d24c17fe7756_s

 

いかがでしたか?

おさらいになりますが、リハビリテーションの語源はラテン語をもとにした英語で、医療・介護の現場におけるリハビリテーションの主体は患者様自身にあります。
QOL(Quality of Life:生活の質)をどこまで回復・維持させるかの決定はできる限り本人の「復権」を基に決定し、医療・介護従事者、家族の協力のうえで行うことが望ましいです。
介護が必要な患者様に対しても、医療・介護従事者が一方的に押し付けにならないように十分に配慮し、リハビリテーション計画を立て、施術することが大切です。

 

◆まとめ

・リハビリテーションはラテン語から派生した英語である
・リハビリテーションは医療、介護の現場以外でも特定の状態まで回復させることを指すことがある
・リハビリテーションを行うことで罹患前の状態まで完全に回復させることができなくても、生活の質を維持できる範囲に保つことはできる。また、復権に関わる事は双方で納得できるリハビリテーション計画を立てることが重要

 

関連記事

2018年08月01日
「訪問リハビリテーションとは?受けられる対象者について」
2016年05月09日
リハビリテーションとはなにか?基礎知識
2018年03月06日
パーキンソン病とは?代表的な4つの症状とリハビリ方法
2017年07月25日
リハビリにおける観察項目はどう決める?
2017年04月24日
骨折のリハビリ、いつから始めるのがよい?
2019年08月22日
リハビリにおけるエビデンスとは何か?リハビリテーションの基礎知識